お勧めツール 人生旅日記 真の父母スタイル

霊の民よ、その誇りを失なわず、聖なる力を善に使いなさい

投稿日:

 

 

息子とのやりとりで、気づかされました

唐突ですが、先日LINEで息子(祝福二世家庭)と会話していて、気づかされました。

今回、その気づきをタイトルにしてみました。

 

以下に気づきを得た時の会話のやりとりを掲載しています。

部分的に編集してあります。

 

ーーーー引用 はじめーー

息子: サンクチュアリって知ってる?

 

私:文先生の七男が始めた、米国にある教会だね。
私:現在、家庭連合(旧統一教会)とは対立しているね。

 

息子:親父はどっち派?

 

私:あれ? 言ってなかったけ? 神様派。

私:神様派は、主体的に神様を愛する祝福家庭です。
私:宗教的派閥、ドグマを超越しています。(笑)

 

息子:ドグマ?

 

私:ドグマ(教団、教義)を越えているということ。

私:つまり、一人ひとりが「真の父母」を目指す存在だと言う意味だね。

 

息子:神様派ね! おれもそうかも

 

私:○○くんの感じている通り。その自覚大事だね。w

 

息子:押す!

 

ーーー 引用 おわりーーー

 

たわいもない親子の会話です、

・・・と言いたいのですが。(苦笑)

 

ここには霊的闘いがあるのです。

 

二世祝福家庭の存在は、二世全体の5%にも満たないようですね。

つまり、霊的には単純には守られていない状態なのです。

 

私の息子の家庭も、家庭存続(離婚話?)の危機を迎えています。

 

では、親としてどうすべきでしょうか?

 

もちろん、双方の親の基台で、守ってあげたいところなんですが。

霊的には厳しいものもあってなかなかできません。

 

それぞれの親同士の家庭基台が、やれ家庭連合だの、サンクチュアリだの、3男支持派などと言って、それぞれ別れていては無理でしょう?

 

ひとりひとりの家庭基台の次元だけでは守りきれないのです。

はるか次元の違うところで、大きなひずみが発生しているように思うからです。

 

そこで、聖なる力を発動せよ!となるわけです。

 

少々、オカルトチックになってしまいました。(笑)

ですが、理屈ではもはや祝福家庭の基台は守りきれません。(苦笑)

 

悪念(悪なる力、その影響力)はSNSの世界まで影響している

心の清潔さが悪念(悪なる力、その影響力)を退けるというものです。

 

悪念(悪なる力、その影響力)は、社会そして世界に蔓延しています。

さらにSNSの世界、ネットの世界でも先行しています。

 

現にここブログ村でもいろんな思惑が渦巻く磁場エネルギーを感じます。

悪念(悪なる力、その影響力)とは、神様の願いやみ旨、あるいは神様を否定する

すべての思いや考え・思想のことです。

 

神様を語りながら、相手の存在を無視したり、否定する思いは必要ありません。

 

私の中にある、内なる意志、霊の炎を自覚し、まずは断言することをします

様々な恐怖心(例えば病気になるかも、お金がないかも、離婚するかも等々)がわき起こるときも、

その心の思いを追放するのは、内なる意志、霊の炎です。

 

「私の家庭は霊の炎をあつかう、不滅の霊の基台です。」

このように念じ、瞑想し、自覚していきます。

 

冷静になって落ち着いて、じっくり考えてもみます。

良心が望まないことに、思いが引っ張られていないだろうか?

悪念に引き寄せられているようだなと感じたら、

 

先の言葉を心の中で念じます。

 

さらに、

「私の家庭基台は、悪なる思いやその影響力を受けません。そのような思いや力は私の家庭基台には効きません。」

 

または、

「私の家庭基台は、内なる霊と意志の知識に安らいでいます。私の家庭基台に悪なる力は存在できません。」

 

このように心の中で(口外しなくてもいいので)、断言しちゃいます。(笑)

 

今こそ、聖なる力を使用するときです

これについて、ナンセンス!とか、いったい何の根拠があるんだ!と言いたい人、議論したい人も

おられるでしょう?

 

しかし、この際、理屈は必要ありません。(笑)

不快な精神的空気(磁場に働くエネルギー)を中和させ、その影響を受けずに自分(もしくは自分の家庭基台)を強く保つには、まずは自己の存在について、正当的血統を断言するということです。

 

日本では古来より、祈願という形で、資格ある僧侶や神官がこうした力を使っています。

これを逆に悪用した場合では、呪いと呼ばれるものになっていきます。

 

氏族メシアとしての祝福家庭も、こうした力を使用する時がいよいよ来たように思います。

 

なぜなら、

私たちは自我(肉心)と高我(生心)を内在させている存在だからです。

 

すなわち霊的生き物として生きている者たちだからです。

 

 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
真の父母たちの連合

 

 

-お勧めツール, 人生旅日記, 真の父母スタイル

Copyright© Good life、the other life , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.