体恤(たいじゅつ)

み言の内容が、「ああそうなんだ、そのとおりだ」と心で納得できることを何度も経験すると、神様の心情を知る第一歩となります。

そこから、神様に「侍る生活」が始まっていきます。

朝起きたときの「おはようございます」も、まず神様にします。いつもどこへ行っても神様と会話をします。

私はこれを神様の心情を体恤(たいじゅつ)するための生活だと感じています。

うれしいときは、「神様うれしいです。」

悲しいときは「神様悲しいです。」とお話します。

そうすると神様から「私もそうだよ」という感じが伝わってきます。

神様と一緒にいることを感じるようになると、神様の思いがわかるようになります。

 

「神様はこうしたいんだな。」「神様はこうすればうれしいんだな。」と思うようになります。

 

体恤(たいじゅつ)とはそんな感覚なんだと思います。

 

そうすると神様と一緒に暮らす生活は、「体恤(たいじゅつ)生活」だとも言えます。

投稿日:

Copyright© Good life、the other life , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.