スピリチュアル 人生旅日記

心と自分

更新日:

 

 

今日は、よく晴れました

風は冷たく、遠くの山々の雪や湖面は輝いていました。

 

風を感じると、どこからか、心に光と音を感じます。

穏やかな気持ちで湖畔に立って、景色を楽しんでいます。

 

ここは、以前何度か訪れたなつかしい湖です。

記念に写真を一枚撮りました。(笑)

 

 

創世からの怒り

何事も結果が出るまでに十年といわれています。

教会での修行に何年かかったことでしょうか。

 

私は二十歳そこそこで教会に献身して、五十歳過ぎてから覚醒しました。

実に三十年以上かかりました。

 

さらに、高みを目指すとなると、さらにもう何十年もかかるのでしょうか。(笑)

 

輪廻転生の考えでは何代にも渡ってカルマを浄めるようです。

過去生から何万年もかかるという話です。(苦笑)

 

 

覚醒しても、正義感からの怒りや道徳的価値観からくる怒りは消えません。

 

怒りの心は、私(本当の自分)を守るために働く心(エゴ)です。

自己防衛のためのストレスの発散、エネルギーの開放が怒りとなって現れます。

 

 

相手の強いエゴに対する怒りです。

正当な理由はこちら側にあります。

 

良い思い(怒り)であっても「責めるエネルギー」を内包しています。

相手の攻撃を引き受けてしまうのは、自分にも引き寄せてしまうものがあるからでしょうか。

 

創世時に、自分を守ってくれる存在を失ったと思い込んだためでしょうか。

その時に満たされない感覚を持ったためでしょうか。

 

心の深いところで恐れや不足の感覚、悲しみ、怒りがあるようです。

 

自分の中にある闇

心の闇の奥にある深い安らぎ(=本当の自分)は怒りによって守られています。

しかし、その怒りに執着してしまうと、エネルギーは滞り、相手へ向けられた怒りは破壊する力へと変質していきます。

 

その破壊力で相手は粉々に吹き飛び、そして相手は私を恐れるのです。

 

 

自分の考えと違う。

受け入れられない、理解できないという思い。

価値観の違いからくる嫌悪。

それは小さな怒りの始まりです。

 

 

「何か面白くない」という感情。

対象のない怒り。

やり場のない気持ち。

イライラする感覚。

自分の平和が乱されたという思い。

世界や社会の矛盾に対する怒り。

 

 

教会組織に裏切られたという記憶が怒りとなります。

屈辱、無念さ、悔しさが心に染み込んでしまいました。

 

怒りは身を守る機能、自己防衛としての破壊の力。

自分の中に闇をつくってしまいました。

 

自分の思いが投影された世界が目の前に広がっています。

湖面に凍る氷のように。

 

 

信仰を突き抜けて、人は変わります

周りを見ると、人と自分との違いを発見します。

ひとり浮いてしまっています。

 

いつしか、水面を離れ、高く舞い上がっています。

風を切って、空を駆け巡っています。

 

 

そして、識別します、区別します。

 

選民としての誇りがあるからでしょうか。

選ばれた自分がいて、優劣をつけているのでしょうか。

 

 

「ジャッジする心」は自分が正しいというこだわり(執着)だと気づきます。

 

 

一方でクリエイティブな力もあります。

緊張や葛藤もします。

 

意識が進化すると、自分が今何を感じ、何を思っているか深いところからわかるようになります。

 

 

人が変わるためには、高次元のエネルギーからの祝福が必要です。

祝福は、人が変わるためのものです。

 

 

マスター(メシアと聖霊)につながり、聖なるエネルギーを伝授していただきました。

 

通常のトリセツでは、マスター(メシアと聖霊)との信頼関係が必要です。

「この先に光がある」と信じる必要があるからです。

そう信じないと怖くて闇の中を進めないからです。(笑)

 

 

しかし、私にとって、信じるという次元の信頼関係は突き抜けていくことでしか、闇の向こう側には進めませんでした。

 

 

信仰を突き抜けることは、マスター(メシア)から裏切られても恨まないということです。

 

 

心の中は常に、「暗闇に入っても光が見えるのか、本当に大丈夫なのか」という疑いがどこまでも果てしなく続くのです。

 

理性でみる限り、この組織はずいぶん昔にとっくに破綻しているようです。

 

 

しかし、信じなくても(信仰がなくても)、怖くても(疑い深くても)、前に進む者たちはいます。

 

 

私はまるで、自爆テロか、特攻隊員のように突き進みました。(苦笑)

 

 

テロリストは、自爆によって天国へ行けると信じます。

私の場合、奈落の底に落ちてさえ、神も悪魔も誰も恨まない。

肝心な点はネジが緩んでいるという究極の御人好しでした。(確かに聖霊は寄り添ってくれていましたが、苦笑)

 

 

このとき、信仰がなくても、捨て身の覚悟があれば、闇を突き進めるということを悟りました。

信仰を突き抜けると、人は変わり、根源に触れるのです。

 

 

心情の十字架さえもわすれる

私の中のエゴは、自分でなくなることに恐怖を覚えます。

最後の砦であるエゴを魂に明け渡すのです。

これが血統転換だと悟りました。

 

心がすべてをつくりだしています。

自分の考えは自分の心がつくりだしています。

外の現象も自分の心がつくりだしています。

苦しみも自分がつくりだしています。

 

心はエネルギーの形態、変化する存在です。

執着しないことで、怒りや悲しみを超えた平和が現れます。

 

心は必ず転換できます。そしてさらに進化し続けます。

 

痛みを感じることは進化している証拠です。

時々、心は全身血だるまになって、血潮を噴き上げて、なおも生きようとします。

これが心情の十字架というものなのでしょうか。

 

この痛みも自分の中の毒に気づくためのものだったのでしょうか。

気づくことは苦しみでもありますがその苦しみを乗り越えて、

どう生きたらいいか、目覚めることができます。

 

 

私の中にある「人も自分も信じられない」という思い。

これは本当の自分を守る思い=エゴの思いです。

 

傷つくことを恐れていました。

相手への祈り、微笑み。

相手への気配り。

怒りを与えず、愛のやりとりを始めます。

 

無償の愛=存在するだけで嬉しいと思える愛。

見返りを求めない、期待しない愛、慈愛。

 

なんと!痛みをともなう、誇り高きフレーズでしょうか。

 

 

国づくりはここから。

心を明け渡すことから。

心情の十字架さえもわすれるところから。

 

 

マスター(メシア)も苦しんだ怒りを手放す

自分を苦しめているのは誰なのか。

平和を失わせているのは誰なのか。

 

 

すべては自分の心がつくっている。

そうした心に気づき、そうした心を手放すことが天国につながる第一歩です。

 

 

「み言を理解できなければやらない」では悟ることはできません。

「周り全部が良くなったら、自分も良い人になるよ」では天国には到達しません。

 

「あなたがいることで、私の嫌な気分を知ることができました。」

「自分はまだまだ成長できていません。ありがとうございます。」

「そのことに気づかせてくれたあなたに感謝します。」

 

怒りを感謝に切り替えながら、現世を歩むことにします。

 

 

マスター(メシア)も最後まで苦しんだ怒りを手放します。

怒りは、現世でのバランスのとり方に必要です。

あえて封印していきます。

 

怒りを覚えたら、怒りに感謝することにします。

私(本当の自分)を守ってくれるエゴにも感謝することにします。

 

 

感謝によって、怒りのエネルギーを正しい方向に使うことにします。

そして怒りを気前よく手放します。

 

自分もストレスを感じない、相手にも癒しのエネルギーを与えられるようにします。

 

これからその方法を見出していきます。(笑)

 

 

風は心地良さもあれば、心地悪さもある

今日も、風は心地良さと心地悪さを交互に運んできます。

ゾクゾクする感覚や冷たさ・温かさです。

 

根源に近い感覚は、今日の空のように輝き、青く澄んでいることでしょう。

 

 

*大雪でお困りの地方の皆様にはお見舞い申し上げます。

 

 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
真の父母たちの連合

-スピリチュアル, 人生旅日記

Copyright© Good life、the other life , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.