人生旅日記 真の父母スタイル

新しい摂理時代の到来

更新日:

 

罪の意識(原罪)にとらわれない生き方

他人が原罪があろうがなかろうが関係ないことを知りましょう。

 

大切なことは、自分が原罪がないと感じているかどうかだけなのです。

あなたが原罪がないと感じていても、人類の誰一人不幸にはしませんから。(笑)

 

むしろ、罪の意識(原罪)を感じていては、自分自身が不幸に感じてしまいます。(苦笑)

 

罪の意識(原罪)にとらわれない人は当然、他人の罪の意識(原罪)にもとらわれません。

 

ですから、お母様の完全性を否定する必要もないのです。

お母様の独生女について、お父様の無原罪について、議論があります。

 

それら議論すること自体に、神様の完全性、さらには自分の完全性をも信じていないことになります。

疑うことになります。

 

他人の無原罪を喜べなかったり、無原罪を嫌っていては、あなた自身も無原罪の意識にはなれません。

 

「原罪がないこと」が力を持っているのではありません。

 

「原罪がないと意識している、意識できる自分が存在すること」が現実を豊かにしていくことになります。

 

あなたが罪の意識(原罪)にとらわれていないなら、お母様(や他の人たち)が無原罪であっても気にはなりません。

 

むしろともに喜び、天国実現へ向かって、もっとステップアップすることができることでしょう。

 

お母様の無原罪やお父様の無原罪に抵抗する気持ちは要りません。

 

無原罪の世界では、苦労や犠牲の「対価」を払う必要はありません

今まで人類は多くの犠牲、苦労をして原罪のない世界を求めてきたと言われています。(少なくとも統一原理の摂理史観では)

 

本然の世界、創造原理の世界は無原罪は当たり前です。

 

ですから、自分の好きなことを楽しむことが当たり前であるのです。

 

苦しい、犠牲の対価を払って、何かをすることの必要のない世界です。

 

お母様、お父様が無原罪であるなら、そうした意識を皆が持つべきはずです。

 

 

苦労や犠牲の「対価」を必要としない意識です。

 

また、原罪の意識に苦しむ人たちをみても、イコールそれが不幸だとは思わない意識です。

 

 

なぜなら、必ずお母様、お父様、自分と同じように、罪の意識から解放される、そのようにできることを知っているからです。

 

ただ、神様もそうですが、アドバイスはできても、人それぞれの人生に手は出せないことも知っています。ですから、じっと見守るのです。

 

 

摂理の時は大きく変わっている

あなた自身が、あなたの人生をどう生きるかを決める時代です。

 

罪からも解放され、お金や精神的豊かさも享受して、人生を楽しみたい、それができる時代だということです。

 

人を羨んだり、蔑んだり、恨んだりすることはもう終わりです。

 

自分の好きなことを楽しんで、夢を神様とともに実現する時代が来ているのです。

そうは思いませんか?

 

追記

昨日は軽井沢に団体ツアーで行ってきました。

森林の中を歩いてきました。

歩いて元気になって、体力ができて、

でも徘徊するようになっても困ると

誰かが冗談に話していましたが。(笑)

 

 

 

 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
真の父母たちの連合

-人生旅日記, 真の父母スタイル

Copyright© Good life、the other life , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.