スピリチュアル 人生旅日記

死にゆく姿をみせる五つのこと

更新日:


今日は何の日と聞けば、花火大会だろ?と返事がきそうですが 、日本においては終戦の日になります。台風で雨や風も心配ですが。

私は終戦も、もちろん戦争も経験したことはありません。しかし、なぜかこの日を迎えると、広い草原、そして青い空に白い雲の風景が思い浮かんでくるのです。不思議です。

それから青年らしき若者が草原の向こうの湖でボートを勢いよく漕いでいく姿が見えてくるのです。

毎年終戦の日になぜ、この心象風景が浮かんでくるのか不思議に思っています。


ある本の中で 最近知ったのですが、「幽体離脱」を行う人たちは共通して同じ風景(あの世)を見ているそうです。

その風景の記述には、「小川のある林を抜けて広い草原にでます。草原は美しい花が咲き乱れ蝶が舞い、鳥がさえずり、暑くもなく、寒くもなく、青い空には白い雲。のどかな風景です。」とあります。

私の思い出す風景とちょっと似ているようですね。

私の場合はしっかり離脱できないのか、鳥や蝶は出てきませんが。w

しかし、あの青年はいったい誰なんだろう?今度話かけてみたいなあと思っています。

話は変わりますが、私が瞑想をよくするようになって、よく考えるようになったことは「死にゆく姿を見せるということ」なんです。

人生最後の場面では多くの人が、以下に挙げるような共通の意識(姿)を持つようになるからです。

◆その1:人生の意味を考えます

私たちシックはずっと、そして今も考え続けていますね。答えは出せましたでしょうか。

◆その2:自分を許し、他人を許します。

もう許せたでしょうか。まだでしょうか。でも大丈夫、最後にはみんなが許せるのです。

◆その3:ありがとうと心から感謝を伝えます。

父母には産んでくれてありがとう。子供たちには生まれてくれてありがとう。

◆その4:大切な人に思いを寄せます。

相対者にはこれからも末永くおつきあいくださいね。私に関わったすべてのひとたちに。そして自分にも神様にも。

◆その5:そして、さよならを言います。

実は最近バラのような良い香りとか、風も感じるんですよ。

千の風という詩があるでしょう。

「千の風になって、あの大きな空を吹きわたっています。」

風が心地よく吹いているんです。さよならと言っているんですが、心の草原に吹く風にはちっとも寂しさは感じないんですね。

そして 、また新しい風が吹き始めています。 真のお父様も風にのように私の心を吹いていかれたんですよ。

みなさま、まだまだ暑さも続きます折、御身を大切にお祈り申し上げます。

オレは死んでなんかいねえ、今爆睡中。w
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ 真の父母たちの連合

-スピリチュアル, 人生旅日記

Copyright© Good life、the other life , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.