人生旅日記 守りたい「ちちはは」の国

神様の権威を現わす国

投稿日:

皇居とビル群

私たちは日本という国の有権者です。

日本という国の一部と言ってもいいでしょう。

この国の歴史を拒絶することはできません。

法治主義や日本の文化、天皇を否定できないのです。

もし、それを否定するのであれば、

日本人の心を否定することになります。

どの国でもその国民の心を否定するのはいやでしょう。

自分の命以上に大事なものは何ですか?

シックであれば、愛であり、血統というでしょう。

日本人にとっては、こころの共同体となります。

これは難しく感じるものではありません。

国と自分とを結ぶ一体感を示す「こころ」なのです。

国を愛するこころなのです。

そして、日本人にはそのこころの先に

天を愛する道があるのです。

日本には皇室が存在します。

この皇室の起源をたどると、神話の世界になります。

神話を起源とする現存する王家を持つ国家は

日本以外には存在しません。

ただ、今も生き続けている神話を持つ民族がいます。

ユダヤ民族です。

旧約聖書という神話を持っています。

イスラエルという国を持っています。

しかし、イスラエル国は

神話に起源をもつ家系が途絶えてしまっています。

ダビデ王やソロモン王の子孫が

イスラエルに君臨し続けているわけではないのです。

日本が神話を起源に持つ天皇、皇室を持つことは

尊いことなのです。

家系(血統)がつながっているからです。

その意味するところは、

天皇陛下は日本人全体の総本家、

日本人の代表という証しとなります。

天皇陛下には苗字がないのはそのためです。

今年も国民と世界の安寧のために、

陛下自ら祈りを捧げておられます。

天皇皇后陛下のおこころに、

国民や世界人類への愛があれば

すでに日本は神様の願う権威ある国家

となっていると言えるでしょう。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ

♡ 祈〈まことのちち・はは〉感謝 ♡

-人生旅日記, 守りたい「ちちはは」の国

Copyright© Good life、the other life , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.