お茶でも飲みながら

柚子湯

投稿日:

先日、柚子湯の看板が出ていた銭湯*を

見つけました。

一緒に行ってみようか、妻を誘ってみました。

あっさり断られました。(笑)

家風呂の入浴剤で充分とのこと。

*わが町には、まだ昭和レトロな銭湯があるのですね。

柚子湯に入っているカピバラをテレビで観て、

なんとも、のどかで気持ちよさそうでした。

カピパラの表情がどこかの御隠居さんのようで

笑ってしまいましたね。

柚子湯は、冬至の時期に入るようです。

この柚子はけっこう値段が高いようです。

柚子湯はちょっとぜいたくな感じがしますね。

それもそのはず、実をつけるまでが長いのです。

「桃栗三年、柿八年、柚子の大馬鹿十八年」と言われています。

なぜ、柚子だけが大馬鹿なのか、よくわかりませんが。(笑)

そう言えば、「ゆず」という歌手グループがいますね。

「栄光の架け橋」は名曲です。

「ゆず」ではないけど、最近聞いた歌で、

心にささった歌詞があります。

「あいみょん」が歌っています。

『愛を知るまで、死ねないわたしなのだ』

おじさんも、のんびり柚子湯に浸かってはいても

同じ心境なんですよ。(笑)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ

♡ 祈〈まことのちち・はは〉感謝 ♡

-お茶でも飲みながら

Copyright© Good life、the other life , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.