まことの父母(ちちはは)スタイル 人生旅日記

ユーモアと温かい笑顔

投稿日:

天才とは、1%のインスピレーションと、99%の汗であると述べたのはエジソンです。

忍耐力がとてもあった人のように思います。

それと、意外に知られていないのがユーモアに富んだ人だったということです。

「笑い袋」というおもちゃがありますね。

袋のボタンを押すと、笑い声が出てくるおもちゃです。

この「笑い袋」を発明したのもエジソンだそうです。

苦しい顔をして耐えながら研究されたというわけではなく、笑いに支えられながら

努力を積み重ねたのですね。

企業や組織のトップの笑顔は大切です。

トップが笑顔を作れば、業績も上がります。

トップの顔が暗いのは、とても残念なことです。

先日、病気療養にもかかわらず、

「元気ですか!」

「元気があれば何でもできる!」

とありのままの姿を見せてくれた方の番組を見ました。

「燃える闘魂」が代名詞のプロレスラー・アントニオ猪木氏です。

本人も、闘病姿でこうした決め台詞を

言うのもおかしいですが、と笑っていました。

生きることは時には苦しいからこそ、笑うということでしょう。

人は、年齢とともに笑う回数が減っていくという調査があります。

私の場合、その逆です。

若いときの教会生活時代は、圧倒的に笑顔が少なかったのです。

ですから、今は普通に生活していても、

若い時よりずっと多いといえます。(笑)

自分が気に入ったセリフで笑顔を作るのもいいものです。

写真を撮影するときには、「はい、チーズ」ですね。

韓国では「はい、キムチ」でしょう。

ニュージーランドは、「キューイ」

ドイツは、「ビール」ですか。(笑)

先のアントニオ猪木氏は、

「イチ、ニイ~、サン~!ダア~!」となります。(笑)

私も真似てみました。

「いち、に、さん~、マコトの^^ちちはは~^^ だあ~!」(笑)

イエス様が悲しいお顔をされているのは、夢を受け止める人が

いなかったからです。

晩年のお父様に笑顔がなかったのは、

私達が夢を語ってあげることができなかったからです。

夢にむかって、がんばろうという温かい笑顔は、

きっと、まことのちちははの励みとなることでしょう。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ

♡ 祈〈まことのちち・はは〉感謝 ♡

-まことの父母(ちちはは)スタイル, 人生旅日記

Copyright© Good life、the other life , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.