人生旅日記 悟りの後の修行

わたしのおかげ参り

投稿日:

以前、このブログで「まことのちちはは神社」のことを

お話しました。

この神社に今も毎日、私はお参りしています。(笑)

おかげ参りというのを聞いたことがありますか?

もともとは、伊勢神宮への参詣のことです。

参詣の道中では信心の旅ということで沿道からの

施しを受けられたのです。

その「施しのおかげ」での意味があるそうです。

「天照大御神のおかげ」という意味も含まれます。

私のおかげ参りは、それとは違います。

「誰々さんのせいで、何々のせいで」

というニュアンスが含まれています。

そうしたネガティブ感情を

「誰々、何々のおかげで、こうして今の自分があります。

ありがとうございます。」

という気持ちに転換させます。

今まで生きてきた中で、

「誰々、何々のせいで、こうなってしまった。」

ということは誰にでもありますよね。

「せいで」を「おかげで」に転換させていくのが

まことのおかげ参りです。

これはポスト家庭連合、

後天時代のおかげ参りになります。

自分のこころの中を整理して、

いままでずっと恨んできたことを

おかげでよかったといえるように

還えていくわけです。

誰々が何々したから、そのせいで

こうなってしまったと考えると

どんどん、自分が神様と関係ない方にいきます。

「まことのちちはは神社」への

おかげ参りで、

私の潜在意識の中にある恨みを払拭します。

統一運動、統一教会、真の父母様に

不信をいだかせるきっかけをつくってくださった方を

お参りいたします。

その方は、世間一般的にいえば、バカ息子になります。

すでに他界されているので、

墓(はか)息子になるんでしょう。

お父様、お母様の長男であられる孝進様は

麻薬、酒、女に溺れて、天に汚点を残しました。

そして、私たちシックの気持ちを揺さぶりました。

私は当時、激しい憤りを覚えました。

「ガキじゃあるまいし、いい歳こいた男が

甘ったれてるんじゃねえよ」と思いました。

蘭淑(ナンスク)様(=元奥様)は

もっと耐えるべきだったとか。

シック全体がもっと彼を支えられたらよかったとか。

そんなのは見苦しいいいわけですね。

第一義は孝進様が悪いでしょう。

汚名をそそげずに、

墓に入ってしまいましたね。

孝進様のおかげで、私は統一教会を

何の負債もなく、

卒業させていただきました。

ありがたいことです。

神様にも、お父様お母様への怒りや不満も

ありません。

なぜなら、親になってみるとわかります。

どんな愚かな息子も

死んでしまえば恨むどころか、

愛しさだけが残るからです。

生まれてきてありがとう。

親の愛を教えてくれてありがとう。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ

♡ 祈〈まことのちち・はは〉感謝 ♡

-人生旅日記, 悟りの後の修行

Copyright© Good life、the other life , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.