まことの父母(ちちはは)スタイル 人生旅日記

まことのちちはは神社

投稿日:

寒くなって、寄せ鍋を食べたくなりました。

先日白菜と白身魚でつくってみました。

しめの雑炊(おじや)がとてもおいしかったです。(笑)

そのあと、昨日は、寄せつながりで、鍋を鉢に替え、

寄せ植えに挑戦しました。

何とか、クリスマス用の寄せ植えが完成しました。(笑)

冬の寒さでも咲き続ける花はあるものですね。

毎日世話をしている鉢植えのシクラメンからも、

元気をもらっています。(笑)

植物から、パワーをもらうことは昔から知っていました。

草花の元気エネルギーの波長に、自分自身の周波数帯が共振するためのようです。

これが人間同士だと、逆に反発する波長が出てきてしまう場合があります。

言葉に出さなくても、波長、振動数の違いで、反発し合うことになります。

これが夫婦間になると、たいへんです。

相手の鋭い波長が心に刺さってきたりしますから。(苦笑)

そういうときは、「まことのちちはは神社」にお参りして、

お祈りをするのがよいと思います。

「まことのちちはは神社」は、自分自身のなかにあります。

シックなら誰でも知っています。

この神社にお参りをして、お祈りをすると、

相手(妻)が発する言葉が、

私をイライラさせるものではなく、

私に寄り添い、

共感し合える言葉であったと、

思えるようになります。

高い意識状態に上昇できると、そのようになります。

醜いと思っていた姿が、

じつは自分であったと思うように、

教えられるわけです。

他者(妻)は自分の思い通りにはなりません。

怒りをぶつけたり、言い争ってしまうと、

ネガティブな波長を発してしまいます。

「まことのちちはは神社」に祈ることで、

他者(妻)の行動も変化して、

寄り添う波長に共振するようになります。

自分のこととして、受け止め、

自分の行うすべてのことが

まことのちちははの一部分だと感じる感覚が大切です。

中には、たくさんつらい思いをすると、

人生はもう取り戻せないと思う人がいるかもしれません。

「まことのちちはは神社」にお祈りをして、

たくさんの感情を受け止めてみてください。

やがては美しい波長を発振するようになります。

苦手な人や、憎いと思う人も「まことのちちはは神社」で、

そっと、名前をあげて、祈ってみてください。

苦手な人や、憎いと思っていた人からも、

笑顔で自分に寄ってくるようになりますよ。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ

♡ 祈〈まことのちち・はは〉感謝 ♡

-まことの父母(ちちはは)スタイル, 人生旅日記

Copyright© Good life、the other life , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.